このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「私」です。

 

 

どこにだつて私がゐるの、

 

私のほかに、私がゐるの。

 

通りぢや店の硝子のなかに、

 

うちへ歸れば時計のなかに。

 

お台所ぢやお盆にゐるし、

 

雨のふる日は、路にまでゐるの。

 

けれどもなぜか、いつ見ても、

 

お空にや決してゐないのよ。

 

(私:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

自分の姿を映す反射するものは、

 

鏡だけでなくて色々あります。

 

でもこの大空には、

 

それが存在しないのですね。

 

やはり、人間は小さな存在なんだ

 

と改めて知るのです。

 

鈴木 澪

 

 

ラベンダーの人が好きなうた。

 

私もこの気持ちになる日があります。

 

子どものようで大人のようで。

 

空のかあさまにえんりょして

 

空にはいないみすゞさんです。

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)