このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「朝蜘蛛」です。

 

 

 

朝から朝蜘蛛さがつたし、

 

朝からなんだかうれしいし、

 

きつと、今日こそ來るでせう。

 

お母さまも知らないが、

 

生きて、遠くに棲んでゐる、

 

お父さまのおむかへが。

 

すぐに、私は髪結うて、

 

好きな手毬のおべべ着て、

 

赤いお馬車に乘るでせう。

 

赤いお馬車のゆくみちは、

 

白い芒のみちでせう、

 

野菊もちひさく咲いてませう。

 

旗のたつてる小さい村、

 

鐘の鳴つてる寺のまへ、

 

しめつた、暗い森のなか。

 

そして、夕燒消えるころ、

 

むかうのむかうに城のよな、

 

大きなお家がみえるでせう。

 

お父さまは待ちきれず、

 

門から駈けてくるでせう、

 

私も馬車から飛ぶでせう。

 

私は「父さま」と呼ぶでせう、

 

いやいや、黙つてゐるでせう、

 

あんまり、あんまり、嬉しくて。

 

朝からなんだかうれしいし、

 

朝から朝蜘蛛さがつたし、

 

けふは、何かがあるでせう。

 

(朝蜘蛛:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

私は子供の頃、朝のクモは良くて、

 

夜出るクモは不吉と教わって、

 

朝のクモは大切に思ったものです。

 

みすゞさんの思いは、

 

それがひしひしと伝わってきます。

 

鈴木 澪

 

 

この詩は全部おぼえられないけど、

 

一連目のなんとも言えぬこみあげる

 

うれしさが、作曲のときありました。

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)