このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「ゆびきり」です。

 

 

 

 

牧場の果にしづしづと、

 

赤いお日さま沈みます。

 

柵にもたれて影ふたつ、

 

ひとりは町の子、赤リボン、

 

ひとりは貧しい牧場の子。

 

「あしたはきつと、みつけてね、

 

七つ葉のあるクローバを。」

 

「そしたら、ぼくに持つて來て、

 

そんなきれいな噴水(ふきあげ)を。」

 

「えええ、きつとよ、ゆびきりよ。」

 

ふたりは指をくみました。

 

牧場のはての草がくれ、

 

あかいお日さま、ひとりごと。

 

「草にかくれて、このままで、

 

あすは出ないでおきたいな。」

 

(ゆびきり:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

かわいい恋物語、

 

夕日が沈むころ、かわいい二人は別れます。

 

心やさしい夕日は、この二人の為に

 

明日は出ないでいたい、

 

と思うとは……みすゞさんの

 

やさしさが伝わります。

 

鈴木 澪

 

 

少女の願いが感じられる可愛い詩、

 

どんな絵になるのか楽しみ。

 

草にかくれて出ないでおきたいな、

 

と「お日さま」のひとりごとが……。

 

作曲のとき、こんな初恋みたいな詩は

 

特に注目でしたから。

 

マンガみたいな4コマの絵になりそう。

 

大西 進

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)