このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「私の丘」です。

 

私の丘よ、さやうなら。

 

茅花(つばな)もぬいた、草笛を、

 

青い空みて吹きもした、

 

私の丘の青草よ、

 

みんな元氣で伸びとくれ。

 

私ひとりはゐなくても、

 

みなはまた來てあすばうし、

 

ひとりはぐれたよわむしは、

 

ちやうど私のしたやうに、

 

わたしの丘と呼びもせう。

 

けれど、私にやいつまでも、

 

「私の丘」よ、さやうなら。

 

(私の丘:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

大人になってしまったみすゞさんの、

 

子供のころの追憶の「私の丘」なのでしょう。

 

大人になってしまったら、

 

もうそこへはお遊びに行かないけれど、

 

あのころの光景はずうっと残っています。

 

鈴木 澪 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)