このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「小松原」です。

 小松原。

 

松はすくなくなりました。

 

いつも木挽きのお爺さん、

 

巨きな材木ひいてます。

 

押したり、引いたり、その度に、

 

白帆が見えたり、かくれたり、

 

かもめも飛びます、波のうへ、

 

雲雀も啼きます、空のなか。

 

海もお空も春だけど、

 

松と、木挽きはさみしさう。

 

ところどころに新しい、

 

家が建ちます、

 

小松原、

 

松はすくなくなりました。

 

(小松原:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

昔は今の様に新建材がなかったから、

家はすべて木で建てられていたのですね。

だから、その材料となる松の木は伐られ、

どんどん少なくなっていく。

そんな、いわれない淋しさを

みすゞさんは子供心にも

感じたんだなあー

と思うと辛くなります。

 

鈴木 澪

 

 

少なくなった松は今、全くなくなり、

ここが「あのうたのところ」

といわれるようになりました。

日本の木といえば桜に松が

二大の人々に愛される木。

松島から天の橋立、三保の松原など

少なくなっていく松を追いかけていた私。

圧巻は宮崎海岸のあの松、

林が開発で半減したショックの

大きかったこと。

全く仙崎八景と関係ない?

イイエ大アリです。

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)

 

>