このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「げんげの葉の唄」です。

 花は摘まれて

 

どこへゆく

 

ここには青い空があり

 

うたふ雲雀があるけれど

 

あのたのしげな旅びとの

 

風のゆくてが

 

おもはれる

 

花のつけ根をさぐつてる

 

あの愛らしい手のなかに

 

私を摘む手は

 

ないか知ら

 

(げんげの葉の唄:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

私には「ゲンゲ」は耳なれていません。

「レンゲ」は知っていますが、

でも私がよく遊んだ野山には

あまり見ませんでした。

私はおままごとの材料になる

花や草などを探していたので、

あまり目に入らなかったのかも知れません。

みすゞさんは花よりも葉のことを

やさしく想ってあげることのできる人です。

 

鈴木 澪

 

 

美しい風景の中の旅人と私。

私はレンゲの葉……。

昔、男の子のわたしも草原で

両手いっぱいレンゲつみ、

いっぱいとってみせ合って、

ほうりなげて遊んだなァ。

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)