このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「春の朝」です。

 

 雀がなくな、

 

いい日和だな、

 

うつとり、うつとり

 

ねむいな。

 

上の瞼はあかうか、

 

下の瞼はまァだよ、

 

うつとり、うつとり

 

ねむいな。

 

(春の朝:金子みすゞ) 

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

春は本当にねむいものです。

 

良い日和になり、

 

身も心もうっとりします。

 

その情感を短い言葉で

 

良く表現されていると思います。

 

みすゞさんならではの成す技でしょう。

 

雀までもが春がきて

 

ねむいと鳴いています。

 

春とはそんな季節です。

 

鈴木 澪

 

 

HPに戻る  次の詩を見る