このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「誰がほんとを」です。

 

 

誰がほんとをいふでせう、

 

私のことを、わたしに。

 

  よその小母さんはほめたけど、

 

  なんだかすこうし笑つてた。

 

誰がほんとをいふでせう、

 

花にきいたら首ふつた。

 

  それもそのはず、花たちは、

 

  みんな、あんなにきれいだもの。

 

誰がほんとをいふでせう、

 

小鳥にきいたら逃げちやつた。

 

  きつといけないことなのよ、

 

  だから、言はずに飛んだのよ。

 

誰がほんとをいふでせう、

 

かあさんにきくのは、をかしいし、

 

  (私は、かはいい、いい子なの、

 

  それとも、をかしなおかほなの。)

 

誰がほんとをいふでせう、

 

わたしのことをわたしに。

 

(誰がほんとを:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

みすゞさんは本当のことはだあれも言ってはくれないと、

ちょっと嘆いています。

本当のことを言ってくれる人は貴重です。

それこそ親友と言えるでしょう。

その真の親友を、どれだけの人が持っているでしょう。

時には、裏切られて苦い思いをしたりと

人間関係は複雑です。

花も小鳥も言ってくれない淋しさ……。

この詩は人間の真の心の叫びをうたっていると思います。

本当のことを言うと、優しくなれない……。

それで人間関係の微調整ができているのかも知れません。

                 

鈴木 澪

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)