このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「ねんねの汽車」です。

 

 ねんねん寝る子は汽車に乘る、

 

ねんねの駅を汽車は出る。

 

汽車の通るは夢のくに、

 

なんきん玉の地の上の、

 

赤い線路をひた走り。

 

月は明るし、雲は紅、

 

硝子の塔のてつぺんに、

 

ちらりと白い星も出る。

 

みんなお窓に見て過ぎて、

 

おめざの駅へ汽車は着く。

 

お夢のくにのお土産は、

 

誰も持つては歸れない。

 

お夢のくにへゆくみちは、

 

ねんねの汽車が知るばかり。

 

(ねんねの汽車:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

こんな夢心地の美しい話はどうやったら

浮かぶやら、色的にも幻想的です。

 

鈴木 澪

 

 

夢の国の美しさはみる人の心の美しさですね。

その人しか見えない世界。言葉では表せませんね。

月は明るし、雲は紅、そして白い星。ここが好きです。

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)