このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「かんざし」です。

 

 

 誰も知らない、

 

あのかんざしに、

 

千代紙着せて

 

あそんだことを。

 

 母さまはお湯だつたし、

 

 兄さんはお使ひだつたし……。

 

誰が見てゐた、

 

あのかんざしを、

 

そつとかくした

 

しまつたことを。

 

 お日さまは沈んでたし、

 

 お月さまはまだだつたし……。

 

誰がみつけよ、

 

あのかんざしの、

 

花のおくびが

 

もげてることを。

 

 晝間も暗い隅つこだし、

 

 金銀草は茂つてゐるし……。

 

誰も知らない

 

誰も知らない。

 

(かんざし:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

女のあこがれ、かんざし……。

こわしてしまったかんざしに

寄せる想いをみすヾさんは、

この様な言葉でつづる。

そして最後にかくしたかんざしを

誰も知らないとむすんでいます。

誰もが経験ある事件を詩にする様な

ことではない事でさえ、

こんなににも詩的にするんですね。

絵に表わすのは難しい詩だったと思います。

女の子の心の動きは特に……。

 

鈴木 澪

 

 

自分の宝物は誰にもでもあり、

とくに子どもは石ころでも宝もの。

もげてこわれたかんざしに、

自分だけがそっと持ってるヒミツ。

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)