このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「お菓子賣ひ」です。

 

 

母さんに言はない

 

お菓子賈ひ、

 

菓子屋のかどを

 

いくたびも、

 

行つて、戻つて、

 

また行つて。

 

都ことばの

 

小母さまに、

 

一つ貰うた

 

しろい錢、

 

握つて、握つて

 

汗が出る。

 

(お菓子賈ひ:金子みすゞ) 

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

私の幼い頃、すぐ近くにあった駄菓子屋へ、

母から毎日10円もらって入り浸っていました。

その時代、10円はけっこうあれこれ買えて、

いろいろと楽しめたものです。

紙芝居屋さんが来ても、

すでに10円使っていたので、

こっそり後ろで見たりしていました。

それを知っているおじさんは

見てみぬふりして大目にみてくれました。

この詩もみすゞさんの子供時代の

お菓子にまつわるエピソード。

今の子供たちには決して味わう事の

出来ない甘酸っぱい思い出です。 

 

鈴木 澪

 

子どもがお金を手にすることは

全くなかったぼくらの少年時代。

誰かがこっそり「おだちん」をくれても

使い方も知らずにいましたっけ。

お菓子屋の人が「このお金どうしたの」

ってきかれたらどうしよう、

拾ったって言おうか、本当のことを言おうか、

そんなどきどき体験を思い出すのです。

今の子は月給のように月ぎめの

お小遣いがあり、

お年玉もたくさんもっています。

思い出す親の言葉「お金は働いた人に

だけあるもの。

子どもは親に買ってもらえばよい」でした。

お金のありがたさを伝えたい詩です。

 

大西 進 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)