このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「暦と時計」です。

 

 暦があるから

 

暦を忘れて

 

暦をながめちや、

 

四月だといふよ。

 

暦がなくても

 

暦を知つてて

 

りこうな花は

 

四月にさくよ。

 

時計があるから

 

時間をわすれて

 

時計をながめちや、

 

四時だといふよ。

 

時計はなくても

 

時間を知つてて

 

りこうな鶏は

 

四時には啼くよ。

 

(暦と時計:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

確かに人間はカレンダーや

時計がないと実に不便です。

それに対して、自然の花、

動物たちは身体の内にちゃんと

暦も時計も持っているんですよね。

本当にりこうだと思ってしまいます。

 

鈴木 澪

 

 

あたりまえに思い、忘れていても

人はそれにしばられ流されている

かのように思うのですが、

本当に自然界の生きものたちは

時間季節に正確でおどろかされますね。

温暖化や寒冷化は

人がつくりだしたものも多い。

自然はあくまでも自然に、

そう願いたい。

 

大西 進

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)