このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「花の名まへ」です。

御本のなかにや、たくさんの、

 

花の名まへがあるけれど、

 

私はその花知らないの。

 

町でみるのは、人、くるま、

 

海には舟と波ばかり。

 

いつも港はさみしいの。

 

花屋のかごに、をりをりは、

 

きれいな花をみるけれど、

 

私はその名を知らないの。

 

母さんにきいても、母さんも、

 

町にゐるから、知らないの。

 

いつも私はさみしいの。

 

寝かせばねむる、人形も、

 

御本も、まりも、みなすてて、

 

いま、いま、私は、行きたいの。

 

ひろい田舎の野を駈けて、

 

いろんな花の名を知つて、

 

みんなお友だちになれるなら。

 

(花の名まへ:金子みすゞ) 

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

お花の名まえって数が多いだけに覚えるのは難しいし、
私も知らない部類の人間です。

みすゞさんも知らないのが、
とてもさみしそうに書いていますね。

お花の名前を知って、みんなお友達になりたいと
願っている様子が自分の大事なものをすててでも、

とうたっています。

女の子らしいやさしい詩です。

お花の好きな人なら、みなこの様に思うでしょう。

 

鈴木 澪

 

花が好きなのに花の名前がおぼえられない私。

花束をいただいても、花束を贈っても、
知らない花がいつもある私。

みすゞさんも花が好き、大好き人間です。
港についた舟といっしょに運ばれ

てきた花の種。鳥が運んでくる花の種。

みすゞさんの時代から「よそから来た花」
も多かったことでしょう。

人と人とも名を呼び合うことで、友達。

花と人とも呼び合うことで友達。

みすゞさんらしいです。

 

大西 進 

 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)