このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「春のお機」です。

 

トン、トン、トンカラリンと

 

佐保姫さまは

 

むかしお機を織りました。

 

麥をみどりに、

 

菜種を黄に、

 

げんげを紅く、

 

かすみを白く、

 

五つ色いと

 

四つまでつかひ、

 

殘つたものは

 

青いとばかり。

 

トン、トン、トンカラリンと

 

佐保姫さまは

 

それでお空を織りました。

 

(春のお機:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

カラフルな詩です。

残った糸が青だったので、

空を織るという発想はユニークです。

佐保姫とは初めて聞く名前です。

調べてみると、春を彩る神さまのようです。

そういう神様がいたとは知りませんでした。

私も神様だったらどんな春を

彩るでしょうか、

楽しいお仕事だから面白そうですね。

 

鈴木 澪

 

 

佐保姫さまの物語を知らない人には

何の詩?と思う詩ですね。

昔聞いた物語。今思い出そうと

思ってもなかなか出てこない。

もう一度、佐保姫さんのお話ききたいな、

どなたかおしえて下さいね。

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)