このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「駒鳥の都」です。

 

林のなかの駒鳥さん、

 

林は葉ずれの音ばかり。

 

都けんぶついかがです、

 

夜は灯りが花のやう、

 

活動冩眞もみられます。

 

都から來たお孃さん、

 

私の都はいかがです。

 

數へきれない木のお家、

 

夜はお星が花のやう、

 

落葉のダンスもみられます。

 

(駒鳥の都:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

毎日、葉っぱの音しか聞けない駒鳥さんに

みすゞさんは都の楽しさを教えたいと思いました。

ところが、そんな駒鳥さんにも都があったのです。

駒鳥さんには人間にはない、

とてもすてきな都がありました。

いつもみすゞさんの頭の中は、

まわりの自然にアンテナを張りながら

生きていたことがよくわかります。

 

鈴木 澪

 

仙崎から当時の大都会「下関」へ来て

得られた発想のひとつかと思います。

みすゞさんも「都」に強いあこがれが

あったことが分かるうたのひとつ。

 

大西 進 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)