このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「雨あがり」です。

 

一ばんさきにみつけたは、

 

ちひさなはこべの花でした。

 

「あれあれ、あすこにお日いさま。」

 

雲のかげからお日いさま、

 

ちよいと、目ばかり出してます。

 

どの木も、どの木も、枝ならし、

 

どの葉も、どの葉も、うれしげに、

 

「おおお、お日さま、お久しう、

 

ずゐぶんみんなは待ちました。」

 

雲のかげからお日いさま、

 

いたづらさうに、笑つてる。

 

(雨あがり:金子みすゞ) 

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

地球があるのも、お日さまのおかげ。

万物総ては、お日さまの

恩恵にあずかっています。

とくに木や花は、

お日さまのやさしいまなざしを

待ち焦がれています。

みすゞさんは、そんな木たちに

成り代わってお日さまを待っています。

いたづらそうに笑ってるお日さまを、

どう表現して描きましょう……?

 

鈴木 澪

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)