このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「電報くばり」です。

 

 赤い自轉車、ゆくみちは、

 

右もひだりも麥ばたけ。

 

赤い自轉車、乗つてるは、

 

電報くばりの黒い服。

 

しづかな村のどの家へ、

 

どんな知らせがゆくのやら、

 

麥のあひだの街道を

 

赤い自轉車いそぎます。

 

(電報くばり:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

                   

 

電報その物はいまでもありますが、

その役割は変わってきています。

もちろん電話が普及する以前は、

この電報が大いに役に立ちました。

嬉しい知らせより悲しい知らせが

より多く運ばれたのではないでしょうか。

遠く離れた家族や親類の良くない知らせが、

夜中でもその家の扉を叩きました。

電報くばりの人はやるせない気持ちを

感じながら、それでも少しでも

早く伝えたい気持ちで自転車を

走らせたのでしょう。

 

鈴木 澪

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)