このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「空と海」です。

 

春の空はひかる、

 

絹のよにひかる、

 

なんでなんでひかる。

 

なかのお星が

 

透くからよ。

 

春の海はひかる、

 

貝のよにひかる、

 

なんでなんでひかる。

 

なかに眞珠が

 

あるからよ。

 

(空と海:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

春の空と海がひかるのは、

こんな意味があったのか……

とみすゞさんに教えられた思いです。

こんな風に考えられるのは

みすゞさんの心は、きっと星や真珠

のように美しかったに違いありません。

 

鈴木 澪 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)