このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「巡禮と花」です。

 お通りよ、

 

お通りよ。

 

巡禮の子はゆきません。

 

花屋の店です、

 

春の日の。

 

お通りよ、

 

お通りよ。

 

巡禮の子は名も知らぬ、

 

西洋花をみてゐます。

 

唄もうたはず、

 

息つめて。

 

 

(巡禮と花:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

巡礼の子は、どんな思いで知らない花を

 

見つめていたのでしょうか?

 

時に、子供はこんな風に生まじめに、

 

かたくなになったりもします。

 

鈴木 澪

 

 

子どもの好き心の強さ。

 

大人になるとみんな忘れてしまうけど、

 

はじめて出会うものは、

 

子どもの心に響きます。

 

大西 進