このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「芝草」です。

 

名は芝草といふけれど、

 

その名をよんだことはない。

 

それはほんとにつまらない、

 

みじかいくせに、そこら中、

 

みちの上まではみ出して、

 

力いつぱいりきんでも、

 

とても抜けない、つよい草。

 

げんげは紅い花が咲く、

 

すみれは葉までやさしいよ。

 

かんざし草はかんざしに、

 

京びななんかは笛になる。

 

けれどももしか原つぱが、

 

そんな草たちばかしなら、

 

あそびつかれたわたし等は、

 

どこへ腰かけ、どこへ寝よう。

 

青い、丈夫な、やはらかな、

 

たのしいねどこよ、芝草よ。

 

(芝草:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

この世の中には、どれひとつ取っても

無駄なものなどない、と言っています。

「みんなちがってみんないい…」

の精神がここでも出て来ています。

どんなモノも立派に役立っているものだ、

と教えてくれています。

 

鈴木 澪

 

 

 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)