このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「お花だつたら」です。

 もしも私がお花なら、

 

とてもいい子になれるだろ。

 

ものが言へなきや、あるけなきや、

 

なんでおいたをするものか。

 

だけど、誰かがやつて來て、

 

いやな花だといつたなら、

 

すぐに怒つてしぼむだろ。

 

もしもお花になつたて、

 

やつぱしいい子にやなれまいな、

 

お花のやうにはなれまいな。

 

 

(お花だつたら:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

みすゞさんはいつも

 

自分を見つめていました。

 

そして、自分も他の子と同じで、

 

いたづらもするし、

 

ときにはいい子でいたりする。

 

そんな子どもの本質を

 

鋭く見抜いています。

 

鈴木 澪

 

 

すねたあと、いい子。

 

2つこれも見事なつながりですね。

 

いや、その一つ前の

 

さざんかの花から3ツ連作みたいですね。

 

子どもにいつも好奇心にあふれていて

 

大人がつくったものをこわしたりしますね。

 

子どもはいい子になれないのです。

 

本能的に自分で対象物に興味を

 

「いたづら」という形で接しますね。

 

私も子どものときそうでした。

 

今も? どーかなァー?

 

大西 進