このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「學校」です。

 

氷がとけたら

 

みづうみの

 

底に學校は

 

あるでせう。

 

葦の葉かげに

 

映つて揺れた

 

赤い瓦よ。

 

白壁よ。

 

葦は枯れ

 

學校はあとなく

 

なつたけど、

 

氷がとけたら

 

みづうみに

 

むかしの影があるでせう。

 

葦が青めば

 

その底で

 

鐘のなる日も來るでせう。

 

(學校:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

今はもう取り壊しになってしまった

古い学校の校舎を、

みずうみにあの日映っていた校舎を

思い出しての詩ではないでしょうか?

この氷がとけたなら

きっとその思い出も蘇り、

あの鐘の音も心に響いてくるでしょう。

 

鈴木 澪

 

 

鐘がなる日は人が亡くなった時に。

人におくる、と副題付です。

親しかった学友におくった

詩でしょう、きっと。

 

大西 進

 

 

  

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)