このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「杉の木」です。

 「母さま私は何になる。」

 

「いまに大きくなるんです。」

 

杉のこどもは想ひます

 

(大きくなつたらさうしたら

 

峠のみちの百合のよな

 

大きな花も咲かせよし

 

ふもとの薮のうぐひすの

 

やさしい唄もおぼえよし……。)

 

「母さま、大きくなりました

 

そして私は何になる。」

 

杉の親木はもうゐない

 

山が答へていひました

 

「母さんみたいな杉の木に。」

 

 

(杉の木:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

生きているものには、

 

世代交代があるということを思わされ、

 

なんだか切ない気持ちになります。

 

でも大人になるといろいろ楽しいことも

 

たくさんあります。

 

鈴木 澪

 

 

子どもが「私は何になる?」と。

 

親は「大きくなるんです」と。

 

なんとすてきな会話でしょう。

 

そうしてみんな大人になって。

 

大西 進