このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「大きな手籠」です。

 手籠、手籠、

 

大きな手籠。

 

廣い野へ出て、この籠に、

 

いつぱい蓬(よもぎ)を摘まうとて、

 

どの子も、どの子も、町の子は。

 

けれど、どの子も知りやしない、

 

野にある蓬はみいんな、

 

町へと賣りに行くために、

 

田舎の人が摘んだのを。

 

  節句は來ても、春淺い、

 

  よもぎはほんの、芽ばかりで、

 

  摘めばしほれてしまふのに、

 

  摘めばしほれてしまふのに。

 

手籠、手籠、

 

大きな手籠。

 

どの子も、どの子も、樂しげに。

 

 

(大きな手籠:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

町の子は本当のことを知りません。

 

手かごにきっとよもぎをいっぱいつめる

 

と思って楽しそうにしています。

 

真実を知ったならきっと

 

がっかりすることでしょう。

 

鈴木 澪

 

 

リズムがあります。わくわくします。

 

でも町の子ならずとも木の芽、

 

草の芽つみはむつかしい。

 

タラの芽さがしにいったこと

 

思い出します。

 

村の人がのこしたものまで、

 

みーんなつんじゃった町の人のこと。

 

でもたのしい春の芽つみ。

 

大西 進