このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「山の子の夢」です。

 

 

 山のおくの

 

湯の町の、

 

宿のむすめの

 

見る夢は、

 

うつくしい

 

海の夢。

 

まろく

 

かさなる

 

 朱の波に、

 

 金と

 

 銀との

 

  むら千鳥。

 

さめておもへば

 

さみしいな、

 

それは手筥(てばこ)の

 

舞扇。

 

 

(山の子の夢:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

海を見たことのない人は

 

海に憧れるものです。

 

美しい海を想像していたら、

 

夢の世界へ……。ふと気付くと、

 

それは扇の絵だったなんて……。

 

娘のありがちなワンシーンです。

 

鈴木 澪

 

 

山のおくの湯の町、

 

これはふるさとのことを思って

 

書いていますねキット。

 

みすゞの旅で私も温泉にとまったけど、

 

海を思うみすゞさんらしい美しいうた。

 

大西 進