このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「足ぶみ」です。

 わらびみたよな雲が出て、

 

空には春が來ましたよ。

 

ひとりで青空みてゐたら、

 

ひとりで足ぶみしましたよ。

 

ひとりで足ぶみしてゐたら、

 

ひとりで笑へて來ましたよ。

 

ひとりで笑つてして居たら、

 

誰かが笑つて來ましたよ。

 

からたち垣根が芽をふいて、

 

小徑(こみち)にも春が來ましたよ。

 

 

(足ぶみ:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

幸せって伝導するものなんだなあと、

 

この詩を読んで思います。

 

笑いは人にも移ります。

 

いつもニコニコ顏でいたいものです。

 

鈴木 澪

 

 

雲の形はこの詩のように、

 

夏はもくもく、秋はウロコ。

 

春の空は春の野山を

 

うつしているかのように、

 

うっすらかすんで美しい。

 

大西 進