このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「紙ふうせん」です。

 

一つ、ついては、手をたたく、

 

紙ふうせんののぼる空。

 

絹の旗雲、羽の雲、

 

柳のやうな、枝の雲。

 

「さんさん笹山」その唄の

 

猿もさんさん、笹山で、

 

お手々たたいて春の日を、

 

みなでたのしくあすばうし、

 

ひとりあそびもお日和は、

 

ひとりあそびも春の日は。

 

 

(紙ふうせん:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

紙ふうせんで遊んだのは、

 

もう遠い昔のことです。

 

現代のようにいろいろな

 

遊び道具がなかったころ、

 

紙ふうせんは貴重な

 

遊び道具であったと思います。

 

空の雲や唄に出て来るお猿さんと

 

遊んだりと空想の世界も広がります。

 

鈴木 澪