このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「ちひさなお里」です。

 

芥子(けし)人形、

 

芥子人形。

 

おまへのお里へ行きたいな。

 

おまへのお里の藁屋根は、

 

わたしの掌(て)にでものるだろ。

 

それでもげんげも咲くのだろ、

 

おまへも摘んでゐたのだろ。

 

げんげつみつみ日が暮れりや、

 

ちひさな月も出るのだろ。

 

芥子人形、芥子人形。

 

おまへの里の春の日は、

 

わたしでさへも、なつかしい。

 

巨きな室(へや)がさむいとき、

 

巨きな猫がこはいとき、

 

どんなにおまへにや戀(こひ)しかろ。

 

(ちいさなお里:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

私は芥子人形を見たことが

ありませんので調べてみると、

とても小さな5ミリから

1.5センチくらいのもののようです。

それに顔も手も足もあり

服を着ているのですから驚きです。

猫はまるで大きなライオンのように見えます。

 

鈴木 澪

 

 

ちいさな月、巨きなねこ、

ガリバーの世界のように

小人になって考えるみすゞさんの

たのしい時間、

小さいけど大きな世界です。

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)