このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「お店ごつこ」です。

 

杏のかげの、

 

三軒お店、

 

店はちがへど

 

ずらりと出たは、

 

おんなじ草つぱ、

 

名なしの草つぱ、

 

名前ないから

 

なんにでもなるよ。

 

お菓子屋さんでは

 

亀の子せんべい、

 

下駄屋さんなら

 

草履にこつぽり、

 

魚屋さんなら

 

小鯛に比良目よ。

 

さあさ、店出し、

 

誰もかもおいでよ、

 

小石のお銭を

 

うんとこさ持つて。

 

三軒ならんだ

 

お店のうへに、

 

杏のお花が

 

ひらひら散るよ。

 

(お店ごつこ:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

私は小さい頃、お店屋さんごっこが

大好きでした。

しかも一人で、お店の役も

お客の役もやります。

特にはかりが好きで、

手作りのはかりで重さをはかっては

「ありがとうございまーす」

と言って夢中で遊んだものです。

 

鈴木 澪 

 

 

お店やさんごっこ、実にたのしいね。

そこらの物で何にでも

見立てりや品物いっぱい。

さあさあ買って買って、声まできこえます。

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)