このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「橙畑」です。

 

橙畑の橙の木は、

 

みんな伐られた、その根も掘られた、

 

ただの畑になるつて話だ。

 

なにをつくるか知らないけれど

 

茄子(なすび)にやぶらんこ掛けられまいし

 

  (てんと蟲ならできようけれど)

 

豆で木登りできるものか。

 

  (ヂャックの豆なら知らないけれど。)

 

橙畑の橙の木は、

 

青い實のままみんな伐られた。

 

あそぶ處がまた一つ減つたよ。

 

(橙畑:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

木が切られ、遊ぶ所が

一つまた減ったという寂しさを

みすゞさん流に詩にすると、

こんな楽しい想像力で、

思わず「やられた!」って感じです。

 

鈴木 澪 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)