このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「時計の顔」です。

 

 旅あきうどのかうもりが、

 

みじかい影をつれてゆく、

 

白いまぶしいひるの路。

 

ふつとみかへりや誰か知ら、

 

ぢつとみてます、

 

白い顏。

 

お目々つぶつてまた開いて、

 

よく見りや

 

時計の顏でした。

 

おるす番ゆゑ、さみしくて、

 

ぢつとみつめてゐたけれど、

 

それきり時計の顏でした。

 

(時計の顏:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

小さい子がひとりで

留守番をする時の心細い気持ち。

時計の音だけがやけに大きく聞こえ、

よけい心細くなってせまります。

 

鈴木 澪

 

小さい子のおるす番、

コトコチ時計の音ばかり。

何かこわいものが出てくるような

静かな昼さがりを感じます。

 

大西 進

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)