このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「雨のあと」です。

 

日かげの葉つぱは

 

泣きむしだ、

 

ほろりほろりと

 

泣いてゐる。

 

日向の葉つぱは

 

笑ひ出す、

 

なみだの痕が

 

もう乾く。

 

日かげの葉つぱの

 

泣きむしに、

 

たれか、ハンカチ

 

貸してやれ。

 

 

(雨のあと:金子みすゞ) 

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

泣いている日かげの葉に

 

ハンカチを貸してやれという発想は

 

いつもながらみすゞさんらしいと思います。

 

何事にもしばられない自由で柔軟な

 

思考回路を持ったみすゞさんならでは

 

の詩で心が洗われます。

 

人間とは違うけど心を

 

持っているだろう葉っぱに対して

 

愛情を持つとこの様な詩が生まれます。

 

常識という型にはまった大人達の多い

 

世間の中で理解してもらえない、

 

なんていうこともあったことでしょう。

 

私もイラストを描く上で

 

大事にしている事は真似ではなく、

 

独自の心から湧き出てくる

 

自分らしさです。

 

血液型ABの私としてはあくまでも

 

自分流をこよなく愛しています。

 

鈴木 澪

 

 

みすゞさんの目のむけ方、

 

目のつけどころに

 

いつもながら感心します。

 

太陽がとどかなくて、

 

いつまでもぬれている葉っぱに

 

ハンカチを届けてやれるのは

 

虫たちでしょうか、

 

風さんでしょうか?

 

大西 進