このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「夜ふけの空」です。

 人と、草木のねむるとき、

 

空はほんとにいそがしい。

 

星のひかりはひとつづつ、

 

きれいな夢を背に負ひ、

 

みんなのお床へとどけよと、

 

ちらちらお空をとび交ふし、

 

露姫さまは明けぬまに、

 

町の露台のお花にも、

 

お山のおくの下葉にも、

 

残らず露をくばらうと、

 

銀のお馬車をいそがせる。

 

花と子供のねむるとき、

 

空はほんとにいそがしい。

 

 

(夜ふけの空:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

自分が夜、ふとんでヌクヌクと

 

眠っている時に、お空がこんなにも

 

忙しい思いをしていたなんて……。

 

みすゞさんは、自然に対する観察力も、

 

また想像力も豊かであったから、

 

こんな詩が生まれたのでしょうね。

 

鈴木  澪