このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「小さなうたがひ」です。

 

あたし ひとりが

 

叱られた。

 

女のくせにつて

 

しかられた。

 

兄さんばつかし

 

ほんの子で、

 

あたしはどつかの

 

親なし子。

 

ほんのおうちは

 

どこか知ら。

 

 

(小さなうたがひ:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

兄妹喧嘩をすると、決まって

 

「お前は橋の下から拾われてきた子だ…」

 

と言われ、本気にはしないけれど内心

 

「もしかしてそうだったらどうしょう?」

 

なんて不安になったりもしたものです。

 

みなさんもそんな経験があるのでは

 

ないでしょうか?

 

みすヾさんもご多分にもれず、

 

そんな経験があったんだろうな?

 

なんて想像してしまいます。

 

そんな、小さな子供の

 

「けして小さくない悩み」

 

を素直な気持ちで表現していると思います。

 

そして、特にみすヾさんの小さい頃は

 

女は男に逆らうなんてもっての他、

 

まさに「女のくせに…」だった訳です。

 

ひと時代まえの女性は社会通念、

 

価値観の前に思い通りの生き方ができず、

 

気の毒だったと思います。

 

鈴木 澪

 

 

父の死がみすゞさんの詩の

 

さびしさの一つ。

 

父の死は母もまわりも

 

語ることがはばかわれ、

 

そのため、みすゞさん自身、

 

本当の子?かどうか

 

「時々ふっと不安」になるのでした。

 

大西 進