このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「ころんだ所」です。

 いつか使ひのかへりみち

 

ここでころんで泣きました。

 

あの日みてゐた小母さんが

 

いまもお店にゐるやうす。

 

桃太郎さん、桃太郎さん、

 

ちよいとお貸しな、かくれみの。

 

 

(ころんだ所:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

子供って小さな石ころにもつまずいて、

 

よく転んでひざっ小僧は

 

いつもキズがあったりしています。

 

いつものおつかいで、また転び

 

泣きべそをかいた所を

 

お店のおばさんが見ていた。

 

はずかしい気持ちが働いて、

 

姿をかくしたいとふと思う。

 

子供心を描く事にたけている

 

みすゞさんならではの

 

発想ではないかと思います。

 

鈴木 澪

 

 

仙崎を思った詩か、下関か。

 

はたまた空想のどこかの町か。

 

そんな遠くない昔、

 

どこの子もお使いをしてました。

 

大人は忙しく働いていて、

 

買い物は子どももやりました。

 

重いもの、もちにくいものを

 

大事に大事に胸にかかえて歩きますが、

 

デコボコ道ばかりの石ころ道は

 

子どもでもつまづくのです。

 

今、考えられませんが、

 

雨が降れば水たまりもありました。

 

ころんで泣きべそ、はずかしくて……。

 

大西 進