このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「夢から夢を」です。

 一寸法師はどこにゐる。

 

一寸法師は身がかるい、

 

夢から夢を飛んで渡る。

 

そして晝間はどこにゐる。

 

晝も夢みる子供等の、

 

夢から夢を飛んで渡る。

 

夢のないときや、どこにゐる。

 

夢のないときや、わからない、

 

夢のないときや、ないゆゑに。

 

 

(夢から夢を:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

みすゞさんの詩には一寸法師が

 

何度か登場します。

 

小さな小さな一寸法師だから

 

夢の中を自由に行き来できるんだ、

 

と教えてくれました。

 

小さいけれど大きな大きな夢をもって……。

 

鈴木 澪

 

 

昼も夢みるこどもらの夢から夢をとんで

 

一寸法師は旅をしているのですね。

 

遠い昔の物語から産まれて子どもの中に

 

ずっとつづいて生きてきて……。

 

大西 進