このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「闇夜の星」です。

 

闇夜に迷子の 

 

星ひとつ。

 

あの子は

 

女の子でせうか。

 

私のやうに

 

ひとりぼつちの、

 

あの子は

 

女の子でせうか。

 

(闇夜の星:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

このような詩があるのは、

とても悲しく思えます。

みすゞさん自身満たされぬ淋しい思いを

この世の中に感じていたのでしょうか。

それとも多感な少女のもつ

センチメンタルな表現なのでしょうか。

 

鈴木 澪

 

 

「あの子は女の子でしょうか」

と二度問いかけます。

女の子でなくてはならないのです。

まっくらい中で行き先をさがす

私のように、絵をイメージすると

希望の星のように光ってみえました。

曲は後半、スキャットにして

そのことを表現してみました。

よくアンコールされる曲です。

(曲集・4集に収録)

 

大西 進

  

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)