このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「雪」です。

 誰も知らない野の果で 

 

青い小鳥が死にました

  

さむいさむいくれ方に

 

そのなきがらを埋めよとて

 

お空は雪を撒きました

  

ふかくふかく音もなく

 

人は知らねど人里の

 

家もおともにたちました

  

しろいしろい被衣(かつぎ)着て

 

やがてほのぼのあくる朝

 

空はみごとに晴れました

  

あをくあをくうつくしく

 

小さなきれいなたましひの

 

神さまのお國へゆくみちを

  

ひろくひろくあけようと

 

 

(雪:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

この詩もみすゞさんのやさしい心があふれています。

 

小さな小鳥の為にこんな心づかいをもって

 

詩にするみすゞさんを私は尊敬します。

 

鈴木 澪

 

 

この悲しさよ、美しさよ。オペラの舞台ですね。

 

美術家が活躍しますね。

 

でもステージにそれを再現することは不可能でしょう。

 

読む人のイメージの飛躍がすべてです。

 

それにしても「誰も知らない野のはて」とは、

 

これ以上さみしいところは見つかりませんね。

 

大西 進