このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「木屑ひろひ」です。

朝鮮人の子、何つむの、 

 

げんげが咲いたの、よもぎなの。

  

いやいや、草は枯れてます。

 

朝鮮人の子、何うたふ、

 

朝鮮人のお唄なの。

  

いやいや、日本の童謡です。

 

朝鮮人の子、たのしげに、

 

こぼれ木屑をひろひます。

  

製材裏の廣つぱで。

 

木屑ひろうて、束にして、

 

頭にのせてかへります。

  

小さなお小舍(こや)で、母さんと、

  

とろとろ赤い火を燃して、

  

父さんの歸りを待つために。

 

 

(木屑ひろひ:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

この朝鮮人の子って、きっと

 

みすゞさん自身なのではないでしょうか?

 

恋しい恋しい父さんの帰りを待っている

 

みすゞさんの心の現れです。

 

鈴木 澪

 

 

朝鮮人の子、何うたう?

 

朝鮮の歌?いや日本の歌!

 

全詩の中で、この詩ほど

 

日本の当時社会をかいた詩はなかった。

 

よくみています、みすゞさん。

 

大西 進