このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「海の果」です。

 雲の湧くのはあすこいら、

 

虹の根もともあすこいら。

 

いつかお舟でゆきたいな、

 

海の果までゆきたいな。

 

あまり遠くて、日が暮れて、

 

なにも見えなくなつたつて、

 

あかいなつめをもぐやうに、

 

きれいな星が手で採れる、

 

海の果までゆきたいな。

 

 

(海の果:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

海には果があって、

 

そこまでたどり着くと

 

星が手でとれると考える

 

あたりは子どもらしい発想ですが、

 

赤いなつめをもぐように、

 

というのはおしゃれな表現です。

 

鈴木 澪

 

 

海の果が天につながって、

 

星が手でさわれるなんて

 

子どもの目でいて、不思議な目。

 

大西 進