このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「雀」です。

 ときどき私はおもふのよ。

 

雀に御馳走してやつて、

 

みんな馴らして名をつけて、

 

肩やお掌(てて)にとまらせて、

 

よそへあそびに行くことを。

 

けれどもぢきに忘れるの。

 

だつて、遊びはたくさんで、

 

雀のことなんか忘れるの。

 

思ひ出すのは夜だもの、

 

雀のゐない夜だもの。

 

いつも私のおもふこと、

 

もしか雀が知つてたら、

 

待ちぼけばつかししてるでしよ。

 

わたし、ほんとにわるい子よ。

 

 

(雀:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

みすゞさんの「反省」は

 

何とも可愛いものです。

 

子供の頃は、こんなことは

 

だれもがやっていて、

 

でもそれをみすゞさんのようには

 

悪いなんて思わないものです。

 

鈴木 澪