このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「失なつたもの」です。

 夏の渚でなくなつた、

 

おもちやの舟は、あの舟は、

 

おもちやの島へかへつたの。

 

  月のひかりのふるなかを、

 

なんきん玉の渚まで。

 

いつか、ゆびきりしたけれど、

 

あれきり逢はぬ豊ちやんは、

 

そらのおくにへかへつたの。

 

  蓮華のはなのふるなかを、

 

  天童たちにまもられて。

 

そして、ゆふべの、トランプの、

 

おひげのこはい王さまは、

 

トランプのお國へかへつたの。

 

  ちらちら雪のふるなかを、

 

  おくにの兵士にまもられて。

 

失くなつたものはみんなみんな、

 

もとのお家へかへるのよ。

 

 

(失くなつたもの:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

みすゞさんの見つけた考えは

 

実に正しいと思います。

 

なくなったと思ったものは

 

本当はなくなったのではなく、

 

元の所へ帰っていったんですね。

 

安心しました。

 

鈴木 澪

 

 

先きの詩では本物の舟でした。

 

今の話はおもちゃ。

 

みすゞさんの頭の中が見える気がしますね。

 

現実からふと空想の世界へ

 

とびだすのがみすゞさんです。

 

見事な転換ですね。

 

人も宇宙からうまれ、

 

また宇宙へ帰るのでしょうか、

 

みすゞさんはそう言ってます。

 

大西 進