このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「いい眼」です。

 山のむかうの鳩の眼を、

 

ねらつて鐵砲が射てるよな、

 

いい眼が私にあつたなら、

 

町のかあさんのそばにゐて、

 

田舎の、林の、木の枝の、

 

小鳥の巣かけもみな見える。

 

沖の、小島の、片かげの、

 

岩の鮑(あわび)もみなみえる。

 

空の、夕燒の、雲のうへ、

 

天使のすがたもよくみえる。

 

そんないい眼があつたなら、

 

いつも、母さんのそばにゐて、

 

いろんなことをみようもの。

 

 

(いい眼:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

子供にとって母親はかけがえのない

 

安心のできる存在です。

 

子供は母親があってはじめて余裕が出て

 

いろいろなことができるのですね。

 

それで「いい眼」があったら最高ですよね。

 

鈴木 澪