このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「お使ひ」です。

  お月さま、

 

私は使ひにまゐります。

 

よその孃ちやんのいいおべべ、

 

しつかり胸に抱きしめて。

 

お月さま、

 

あなたも行つてくださるの、

 

私の駈けてゆくとこへ。

 

お月さま、

 

いたづらつ子に逢はなけりや、

 

いつも私はうれしいの。

 

おかあさんのおしごとを、

 

よそへ届けにゆくことは。

 

それに、それに、

 

お月さま、

 

私はほんとにうれしいの。

 

あなたがまあるくなるころに、

 

私も春着ができるから。

 

 

(お使ひ:金子みすゞ)

  

『金子みすゞ全集』

 (JULA出版局)より

 

 

ひとりだったらさみしいけれど、

 

お月さまもいっしょに

 

ついてきてくれるから、

 

お使いがとても楽しそうです。

 

お月さまと話しをしながら、

 

みすゞさんはもうすぐ自分の着物を

 

おかあさんが作ってくれるのが、

 

とても楽しみのようです。

 

みすゞさんにとって月や星や、

 

そしてすべて自然はお友だちでした。

 

鈴木 澪