このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「お嬢さん」です。

道を教へた旅びとは、

 

とうにみえなくなつたのに、

 

私はとぼんとしてゐたよ。

 

いつも私のかんがへる、

 

あのおはなしのお國では、

 

お姫さまともよばれても、

 

あたしは貧乏な田舎の子。

 

「お孃さん、ありがたう。」

 

そつとあたりをみまはして、

 

なにかふしぎな氣がするよ。

 

(お孃さん:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

 (JULA出版局)より 

 

 

旅人にお嬢さんと呼ばれ、

 

自分に言われた気のしない

 

みすゞさん。

 

ふだんそのような言葉で

 

呼んでくれる人なんかいないし、

 

お嬢さんなどではないのに、

 

そう言われたことが嬉しいような

 

恥ずかしいような、

 

なんとも不思議に思えました。

 

鈴木 澪