このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「折紙あそび」です。

 

あかい、四角な、色紙よ、

 

これで手品(てづま)をつかひましよ。

 

私の十のゆびさきで、

 

まづ生れます、虚無僧が。

 

みるまに化(な)ります、鯛の尾に、

 

ほらほら、ぴちぴちはねてます。

 

鯛もうかべば帆かけ舟、

 

舟は帆かけてどこへゆく。

 

その帆おろせば二艘舟、

 

世界のはてまで二艘づれ。

 

またもかはれば風ぐるま、

 

ふつと吹きましよ、まはしましよ。

 

まだも變はつてお狐さん、

 

コンコン、こんどはなんに化きよ。

 

そこで化けます、紙きれに、

 

もとの四角な色紙に。

 

なんてふしぎな紙でせう、

 

なんて上手な手品でせう。

 

(折紙あそび:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

日本の折紙は本当にすばらしい。

誰が最初に考え出したものなのでしょうか?

ただの四角の紙が実に色々なものに

姿を変えて楽しませてくれます。

 

鈴木 澪

 

「だまし」といって、男の子も夢中でした。

昔、紙はキチョウ品でしたから、

一枚でいく通りものあそびをしましたっけ。

折ってのばして、また折って。

 

大西 進

 

 

 

 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)