このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「お仏壇」です。

 

お背戸でもいだ橙も、

 

町のみやげの花菓子も、

 

佛さまのをあげなけりや、

 

私たちにはとれないの。

 

だけど、やさしい佛さま、

 

ぢきにみんなに下さるの。

 

だから私はていねいに、

 

兩手をかさねていただくの。

 

家にやお庭はないけれど、

 

お佛壇にはいつだつて、

 

きれいな花が咲いてるの。

 

それでうち中あかるいの。

 

そしてやさしい佛さま、

 

それも私にくださるの。

 

だけどこぼれた花びらを、

 

蹈んだりしてはいけないの。

 

朝と晩とにおばあさま、

 

いつもお燈明(あかり)あげるのよ。

 

なかはすつかり黄金(きん)だから、

 

御殿のやうに、かがやくの。

 

朝と晩とに忘れずに、

 

私もお禮をあげるのよ。

 

そしてそのとき思ふのよ、

 

いちんち忘れてゐたことを。

 

忘れてゐても、佛さま、

 

いつもみてゐてくださるの。

 

だから、私はさういふの、

 

「ありがと、ありがと、佛さま。」

 

黄金の御殿のやうだけど、

 

これは、ちひさな御門なの。

 

いつも私がいい子なら、

 

いつか通つてゆけるのよ。

 

(お佛壇:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

昔はご先祖、仏壇というものを

とても大切に思っていました。

何かあると、仏様のバチが当たると

たしなめられました。

しかし、現代でもこうした「思い」は

無くしたくないものだと思います。

ご先祖、仏様があって

今の私たちがいるのですから。

 

鈴木 澪

 

 

 

 

 

  

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)