このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「さびしいとき」です。

 私がさびしいときに、

 

よその人は知らないの。

 

私がさびしいときに、

 

お友だちは笑ふの。

 

私がさびしいときに、

 

お母さんはやさしいの。

 

私がさびしいときに、

 

佛さまはさびしいの。

 

 

(さびしいとき:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

 (JULA出版局)より

 

 

人間はみなさびしい生きものです。

 

人間だけじゃないかも知れませんが……。

 

みすゞさんは特に感受性豊かな少女であったし、

 

多感な少女時代にはよりさびしさを

 

強く感じとっていたのでしょう。

 

人間はさびしいから、

 

気をまぎらす為に色々なことをします。

 

そして、やさしくもなれます。

 

鈴木 澪

 

 

お母さんは、ほんとうにやさしかったのですね。

 

みすゞの一人娘のふうちゃんはこの詩が大好き。

 

母を感じる時です、と私に語ってくれました。

 

大西 進