このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「鯨捕り」です。

 

海の鳴る夜は

 

冬の夜は、

 

栗を燒き燒き

 

聽きました。

 

むかし、むかしの鯨捕り、

 

ここのこの海、紫津が浦。

 

海は荒海、時季は冬、

 

風に狂ふは雪の花、

 

雪と飛び交ふ銛の縄。

 

岩も礫(こいし)もむらさきの、

 

常に水さへむらさきの、

 

岸さへ朱(あけ)に染むといふ。

 

厚いどてらの重ね着で、

 

舟の舳(みよし)に見て立つて、

 

鯨弱ればたちまちに、

 

ぱつと脱ぎすて素つ裸、

 

さかまく波にをどり込む、

 

むかし、むかしの漁夫(れふし)たち──

 

きいてる胸も

 

をどります。

 

いまは鯨は寄らぬ、

 

浦は貧乏になりました。

 

海は鳴ります。

 

冬の夜を、

 

おはなしすむと、

 

氣がつくと──

 

(鯨捕り:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

くじら捕りのお話は心踊るお話です。

くじらが捕れなくなった今も、

海は相変らず鳴っています。

 

鈴木 澪

 

 

生活のためとはいえ、

こんなきけんですごい漁があったなんて、

よくぞ伝えてくれました。

みすゞを唄う合唱団の女声たちが、

もっとも心ひかれる「くじらとり」。

でも、時は移り、

世界中でくじらをどうするか、

熱いギロンがありますね。

 

大西 進  

  

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)