このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「蓄音器」です。

大人はきつとおもつてゐるよ、

 

子供はものをかんがへないと。 

 

だから、私が私の舟で、

 

やつとみつけたちひさな島の、

 

お城の門をくぐつたとこで、

 

大人はいきなり蓄音器をかける。

 

私はそれを、きかないやうに、

 

話のあとをつづけるけれど、

 

唄はこつそりはいつて來ては、

 

島もお城もぬすんでしまふ。

 

 

(蓄音器:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

 (JULA出版局)より

 

  

なつかしい蓄音器、

 

そこから流れる音楽は子供の心もとらえます。

 

それを大人は分かってくれない、

 

とみすゞさんは言いたいのでしょう。

 

私も一心に考え事をしている時に、

 

近くのラジオから曲が流れたりすると、

 

考えがまとまらずラジオを消したりします。

 

鈴木 澪

 

 

 

この2行の出だし大好きです。

 

ほんとにほんと、

 

子どもだっていっぱい考えているのに、

 

ふと「子どものくせに」なんと大人は思うのですね。

 

だまってる大人もボーッとしているのではなく、

 

いっぱい考えているのです。

 

大西 進