このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「粉雪」です。

 こんこん 

 

こん粉雪

 

あんまり白い、

 

こんこ松に

 

たまつて、

 

みどりに染まれ。

 

 

(粉雪:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

とても短い詩ですが、

 

白い粉雪のその白さがよく感じられます。

 

そして、みどり色に松が染まって見ろ。

 

と願望も、この短い言葉の中にしっかりと

 

語られていて見事だなあと、

 

思わずつぶやきたくなります。

 

イラストに表わすのは苦労しました。

 

 

鈴木 澪

 

 

雪の小学唱歌「雪やこんこ」で

 

「雪やこんこん」ではない。

 

まちがっておぼえている人が多く、

 

ある年のNHK紅白歌合戦で

 

「雪やこんこん」と大合唱した。

 

私がすぐ訂正を申し入れたが、

 

その日は訂正されず、後日の放送から

 

「雪やこんこ」となった。

 

めでたしめでたし。

 

さてみすゞさん、こんこんとうたい、

 

次のフレーズでは、こんこ松にたまってと、

 

ちゃ~んとこんことうたっている。

 

みじかいけれど美しい詩、

 

あんまり白いのでみどりになーれ、

 

とうたっている。

 

大西 進